キャバクラとセクキャバとの違い、キャバドレスについてのこと

接待

kyabakura

キャバクラとは、主に男性客を対象としたサービスを提供する飲食店である。
キャバクラでは、酒とつまみと女性店員による接待が客に提供される。接待というのは会話のことであり、性的なサービスは行われていない。キャバクラでは時間制の料金がとられており、一般的には60分単位でセット料金が設けられていることが多い。

セット料金というのは、キャバクラで遊ぶ際に最低限かかるお金のことである。つまり、「60分5000円」というセット料金であれば、最低でも5000円はかかるという意味である。
このセット料金には、飲み放題の酒類や、女性店員からの接待料金が含まれている。居酒屋と異なるのは、女性店員が常時接待してくれるという点である。
ただし、セット料金には指名料金は含まれていない。指名というのは、気に入った女性店員を指定できる仕組みのことである。指名をしないと、気に入った女性が必ず接待してくれるとは限らない。指名には別料金がかかる店がほとんどで、指名料を払ってでも気に入った女性に接待されたいという男性はわりと多いのである。

交代

キャバクラに行くと、女性店員が常時接待をしてくれる。
キャバクラには時間制の料金が設けられている。そして、一般的には60分ごとでセット料金が決まっている店が多い。そのため、一度キャバクラに入れば、最低でも60分は店内に滞在することになる。そして、店内に滞在している間は、女性店員が常に横について接待してくれるのである。キャバクラで接待してくれる女性店員のことを「キャバ嬢」と呼ぶ。

店にいる限り、常にキャバ嬢が横に座って接待をしてくれる。ただ、指名をしなければ、女性は60分のうちに1回~2回は交代してしまう。つまり、お気に入りの女性が横に来ても、指名をしないと他の人に交代してしまうのである。

滞在時間は、男性スタッフによりタイマーで管理されている。入店から50分程度経過すると、店から「延長はどうなさいますか?」などと確認される。この時、延長をするかしないかは客側の判断に委ねられている。
延長をする場合、30分か60分の単位で選ぶことがわりと多い。そして、時間分の延長料金を払い、再び女性店員からの接待を受けるのである。
また、必ずしも延長をする必要はないので、所持金に合わせて遊ぶことができる。ただ、60分を過ぎても自動延長となる店もあるので注意が必要である。

同伴

douhan

キャバクラの営業時間は、一般的には20:00~LASTとなっている場合が多い。
ただし、「朝キャバ」「昼キャバ」などという類も出てきている。また、キャバクラは飲食店であるため、定休日は各店舗によって異なる。そのため、遊ぶ際には事前に営業時間や定休日を確かめておく必要がある。

キャバクラに遊びに行く時に、特に服装の決まりはない。基本的にはジャージ、Gパン、サンダルなどで入店しても問題ない。ただし、会員制のキャバクラなどではドレスコードが設けられていることもあるので注意が必要である。ただ、会社帰りに遊びに来る男性客も多いため、スーツの中でジャージとサンダルは浮いてしまう可能性がある。

ちなみに、キャバクラでは同伴という仕組みがある。同伴とは、店の外で食事などをしてから店に入ることである。ただし、店によって同伴料がかかる場合もある。




京橋に安心して働けるセクキャバがあるんです|2キャバ大阪求人
[1]
国分町エリアのキャバクラについてはこちらへ;キャバクラマンゾク
大阪の昼キャバで楽しむならこちらのお店はいかがですか?かわいい女の子が楽しくお喋りしてくれますよ。日々の疲れを癒してもらいましょう!

shutterstock_136080323

ドレスコード

キャバクラに遊びに行く時は、男性客には特にドレスコードは設け…

more